ブロックチェーンを作る「マイニング」 - 今知りたいビットコインの仕組み

HOME » ビットコインノウハウ » ブロックチェーンを作る「マイニング」

ブロックチェーンを作る「マイニング」

ビットコインはIT技術を高度に使い、運営されていますが、その技術の中核を成すブロックチェーンに、すべてのビットコイン取引は記載されています。
そしてその記載された内容は一般に公開されて、見ることが可能になっています。
なぜならビットコインは通貨と異なり、中央管理システムが存在しないため、全取引を公開し一般に見ることができることで、犯罪を未然に防止する働きもしているからです。

そのブロックチェーンは取引を10分ごとに区切り、その10分間の全取引を1つのブロックに記載し完結させ次の10分間の取引、さらに次の10分間の取引とブロックを作成し続けブロックチェーンというコインビットの台帳がつくられ続けています。
そのブロックの中身の実際の作業を「マイニング(採掘)」と言って、犯罪防止のため複雑な計算式が活用されています。

その仕組みは、3つのデータの作成から成り立っています。
1つは「トランザクション履歴」といって取引そのものの履歴。
1つは「ハッシュ値」という関数、もう1つは「ナンス値」という関数です。
ハッシュ値は1つ前の取引の、トランザクション履歴とハッシュ値、ナンス値の、すべて整合性がとれた値にまで計算された関数値。
とても複雑で、そして極めて安全性の高い計算方法が採用されています。

またナンス値は、そのハッシュ値をさらに複雑にさせるための計算値。
具体的には、ハッシュ値の出力値の前にゼロを並べるものですが、このゼロを並べる作業がまた煩雑で、それはまるで金脈を掘り当てるとか、ダイヤモンドを探す作業にたとえられます。
この「マイニング(採掘)」という名の由来でもあるのです。

さて、そのマイニングを行ってくれる「マイナー(採掘者)」は誰なのか、というとインターネット上の有志たちが、集ってこの作業を日々行っています。
彼らは、PC上の余った計算能力を利用して、自らも時間と労力を提供しています。
このマイニングには、世界中のマイナーたちのマイニング作業で、1番乗りをしたマイナーへ、ビットコインを贈る仕組みがあります。
そしてそのマイナーへ贈られたビットコインは、言わば造幣局でお札を発行することと同じ意味になっています。
それは、ビットコイン通貨は、このマイナーへ支払われるマイニング1等に対する報酬以外に、ビットコインを発行することはないのです。
さらに、ビットコインは初めから、総量が決められています。

全ビットコインは、いわゆる円などの通貨と異なり、全運営の管理者が存在しないシステムの通貨です。
しかしこの仮想通貨ビットコインは、犯罪を未然に防ぎ、様々な利益を生む金融界の革命的システムと言っても過言ではないのではないでしょうか。