ビットコインの預金通帳「ウォレット」 - 今知りたいビットコインの仕組み

HOME » ビットコインノウハウ » ビットコインの預金通帳「ウォレット」

ビットコインの預金通帳「ウォレット」

ビットコイン取引をするうえで欠かせないものに「ウォレット」と呼ばれる、ビットコインを保管しておく、お財布のようなものがあります。
ビットコインの仕組みの中でウォレットは、送金したり、受けとったり、または保管したりする役目があります。
その性質上「お財布」と言われたり、「銀行口座」と言われたりもします。

ビットコイン取引を開始するには、まずビットコインを購入しますが、そのとき同時に購入したビットコインの保管場所としてウォレットが必要になってきます。
ですので、ビットコインよりも先に、つまり一番最初に用意しておきたいものがウォレットです。
ビットコインウォレットには、いくつかの種類があり、自分でどんなタイプのウォレットを使用するか選ぶことができるので、重宝に使えます。

大きく分けるとウォレットには、パソコンのオンラインとオフラインのペーパーウォレット、専用で別に購入して使うものなどがあります。
オンライン状態でブラウザからウォレットを作る場合には、ビットコインの送金や受け取り、保管に特化したBlockchain.infoというウォレットがあります。
このウォレットは世界のスタンダードで、そのシェアも世界でトップクラスです。
Blockchain.infoは使い勝手がとてもいいウォレットで、パソコンからだけではなく、スマートフォンのAndroidやiOSからも入手でき、Google PlayやApp Storeからアプリでもダウンロードできるようになっています。

またオンライン上でのウォレットで、さらに多機能に利用できるものとして、ビットバンクウォレットがあります。
これはビットバンク社製のウォレットで、直接にビットコインを購入することも可能です。
つまりこのビットバンクウォレットには、ビットコインの購入・送金・受け取り・保管の4つの機能が利用できるので、ウォレットを別に用意する必要もありません。
1つのウォレットで、すべてがまかなえてしまうオールインワンのウォレットはビットコイン初心者におすすめです。

ほかにオフラインで使用できるウォレットとして、紙ベースのウォレットがあります。
このウォレットはオフライン状態で、秘密鍵をつくり、それを印刷して保管する仕組みのため、セキュリティ上も安心して使用できます。

さらに、ハードウェアウォレットというものもあります。
これは専用端末に保管するタイプのもので、専用のハードウェアを購入して使用します。

ウォレットはどのタイプのものを利用するにしても、盗難・紛失は常に背中合わせです。
保管方法や使用法などが、自分に合うものを選び、リスクを低くする工夫が必要です。