ビットコイン投資で利益を上げよう! - 今知りたいビットコインの仕組み

HOME » ビットコインノウハウ » ビットコイン投資で利益を上げよう!

ビットコイン投資で利益を上げよう!

ビットコインは、品物などの売買にはお金として使用できますが、投資目的としてトレード利用することもできます。
そこでビットコインで投資をして、利益を上げるにはどうすればよいのかをご紹介していきます。

まずビットコインでの投資の仕組みからご紹介しましょう。
投資というと株やFXが思い浮かびますが、それぞれの投資には利益が出る理由があります。
たとえば、株なら株式市場に上場している企業の株価の変動で利益がでますし、FXなら日本円からドルなど外貨を売買した時の差額で利益が出ます。
為替相場の値動きの変動などと言いますが、この変動を予測して、売ったり買ったりして利益をだします。

さて、ビットコインの投資利益の仕組みですが、ビットコイン1BTCあたりの日本円への変換の変動を利用します。
1BTCあたりの日本円が高くなる時に売って安くなる時に買うことにより利益を得ることができます。
これがビットコインの基本の投資の仕組みです。

では、ビットコイン相場の仕組みはどのようになっているのでしょう。
ビットコインそのものの仕組みが中央一括管理型ではなく、ビットコイン利用者とのそのシステムで運営されています。
相場はビットコイン利用者間の売買によって決まっていきます。

ビットコインには板情報が株式情報のようにあります。
この板情報を見れば、売りたい人と買いたい人が分かる仕組みです。
ビットコインでトレードをする人は、この板情報をたよりに売買の提供価格から、売買のタイミングをつかむことができるのです。

投資取引には、この板情報へ売りたい価格、買いたい価格を設定しておいて、希望取引価格として明示しておく「指値注文」と、売りたいとき、買いたいときに取引を行う「成行注文」があります。
この前者の指値注文には、明示した希望価格で売買したい人が現れるまで、魚釣りのように待つ必要があります。
一方、後者の「成行注文」はこの板情報を見て売買を行います。
つまり、指値注文を行った人の価格を見て取引を行うのです。
まさに魚釣りの釣りをする人が指値注文をする人で、魚が成行注文をする人の関係です。

成行注文の方は、板情報を見て自分にとって得な情報に食らいついていくので楽ですが、指値注文の人は希望価格に食らいついてくれる人が現れるまで、待つ必要があるので忍耐がいります。
このトレードは、取引所で行われます。
なかでも「コインチェック」は、有名で安心な取引所です。