ビットコインの歴史の流れ - 今知りたいビットコインの仕組み

HOME » ビットコインノウハウ » ビットコインの歴史の流れ

ビットコインの歴史の流れ

今やビットコインは話題の仮想通貨になっています。
そもそもビットコインのはじまりは2008年に、サトシ・ナカモトという人物が電子通貨ビットコインに関する論文を発表したことがきっかけでした。
このサトシ・ナカモトという人物、未だに正体不明で、個人なのか組織名なのかさえ分かっておらず、謎につつまれたミステリアスな存在です。
しかしこの電子通貨ビットコインの論文から、サトシ・ナカモトと言われる人物は、ほかの開発者と共同でビットコインのソフトウェア開発に成功させていったのです。

ここでは、ビットコインの歴史的な流れとその仕組みを簡単に紹介します。
先の説明のように、2008年に論文発表された仮想通貨ビットコインは世界で通用する、すべてをインターネット上で取引が行われる仮想通貨システムです。
その仕組みは、P2Pの形式をとり管理者のいない、すべての関わる人が対等な立場で執り行われる仕組みを採用しています。
ですので、その利用法も簡単にできて、世界の人たちが活用できるよう直感的動作の仕組みに設計されています。

ビットコインを購入する取引所や販売所、そのビットコインを保管し、送金・受け取りもできる「ウォレット」を設け、実際に世界の商品取引が開始されました。
2008年開始当初は、未だ知名度も内容も認知されておらず、ほとんど利用者はありませんでした。

このビットコインは一括管理が存在しないので、その通貨の管理システムはすべての通貨取引を公開するという仕組みで運営されています。
そうすることにより犯罪のリスクを抑えられるというのが公開の理由です。
さらにインターネット上での公開システムは、ブロックチェーンと呼ばれる高度なIT技術を駆使して設計されています。
ビットコイン運営はこのブロックチェーンシステムを中核として執り行われていますが、このブロックチェーンを日々更新させる人びとが、「マイナー」と呼ばれる有志の集合体です。

世界で行われているビットコイン取引は、10分間単位でマイナーたちが更新作業をしています。
その作業には、正確さと速さを競い合う形式をとり、トップを獲得した人には、ビットコインが贈られます。
このマイナーに贈られるビットコインのみで、ビットコインの総量は増え続け、そしてそれは最終的な総量、その時期もスタート時点から決められ計画の元、運営されているのです。

ビットコインは仮想通貨ですので、物品購入の売買利用もできますが、投資商材として利益を生むことも可能です。
ビットコイン開始当初は、ほとんどその価値はありませんでしたが、2017年には1BTCあたり45万円ほどもの価値が出てきました。
誰でも簡単に始めることのできるビットコイン投資は、最近では世界のブームでもあります。