ビットコインノウハウの記事一覧- Page 2 of 2 - 今知りたいビットコインの仕組み

HOME » ビットコインノウハウ

ビットコインノウハウ

ビットコインの歴史の流れ

今やビットコインは話題の仮想通貨になっています。
そもそもビットコインのはじまりは2008年に、サトシ・ナカモトという人物が電子通貨ビットコインに関する論文を発表したことがきっかけでした。
このサトシ・ナカモトという人物、未だに正体不明で、個人なのか組織名なのかさえ分かっておらず、謎につつまれたミステリアスな存在です。
しかしこの電子通貨ビットコインの論文から、サトシ・ナカモトと言われる人物は、ほかの開発者と共同でビットコインのソフトウェア開発に成功させていったのです。
≫ 『ビットコインの歴史の流れ』

ビットコインの預金通帳「ウォレット」

ビットコイン取引をするうえで欠かせないものに「ウォレット」と呼ばれる、ビットコインを保管しておく、お財布のようなものがあります。
ビットコインの仕組みの中でウォレットは、送金したり、受けとったり、または保管したりする役目があります。
その性質上「お財布」と言われたり、「銀行口座」と言われたりもします。
≫ 『ビットコインの預金通帳「ウォレット」』

ブロックチェーンを作る「マイニング」

ビットコインはIT技術を高度に使い、運営されていますが、その技術の中核を成すブロックチェーンに、すべてのビットコイン取引は記載されています。
そしてその記載された内容は一般に公開されて、見ることが可能になっています。
なぜならビットコインは通貨と異なり、中央管理システムが存在しないため、全取引を公開し一般に見ることができることで、犯罪を未然に防止する働きもしているからです。
≫ 『ブロックチェーンを作る「マイニング」』

ビットコインで利益を上げよう!

ここ最近ビットコインは、その価値が急騰して話題にもなっています。
ビットコインは仮想通貨として物品の売買に利用されているお金です。
そしてもう一つ、ビットコインの利用法として、株のように売買することで利益を得ようとするものです。
これはビットコインの仕組みとしての、変動性を利用しています。
≫ 『ビットコインで利益を上げよう!』

ビットコインの中核、ブロックチェーン

仮想通貨ビットコインは、高度なIT技術を用いて設計されたシステムです。
その技術の中核を成す技術が「ブロックチェーン」と呼ばれる、言わばビットコイン取引の帳簿のようなものです。
この仕組みは、ビットコイン取引の安全性確保のために、極めて複雑化された仕組みが用いられています。
ですからブロックチェーンシステムに犯罪の入り込む余地はほとんどないと言っていいでしょう。
≫ 『ビットコインの中核、ブロックチェーン』